2008年07月10日

声優ネタ - ほぼ日の糸井さん = サツキとメイのお父さん

ほぼ日の糸井さん = サツキとメイのお父さん

まじでかー!良い声してるじゃないですか糸井さん。

キャッチコピー作ったりタレントやったり声優やったり人気サイト運営したりと、本当に多彩能力の持ち主ですねー。

posted by NASUKON at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今よりもっと本を好きになるための7つの方法

 昔は、あくまで趣味の範疇で小説などをのんびりまったり読んでいたのですが、大学生時代に大量読書を強いられたり、 社会人になってから、経験のなさを読書で補えないかとあわあわしているうちに、本の大量消費グセが着いてしまいました。
 なので、この性質の形成過程を良い感じに他の方にもお裾分け出来ないかなと思い、このエントリを書いた次第です。

 「本を読むのは好きだけど、意図的にもっと読書量を増やしたい」と思う方に役立つと思う点をいくつか挙げてみました。
 毎日を忙しく過ごしているビジネスマンの方などに需要があるかなー。
 どなたかの参考になれば。


【本は常にその場で衝動買いする】
 表紙を見て、目次を見て、かすかでもどこかに感じる点があれば、迷わず買い。
本を沢山読みたいなら、タイトル買い、目次買い、衝動買いはどんどんすべきです。

【1万円の図書カードを持つ】
 実店舗の書店で買い物をする場合、事前に図書カードを準備しておくことをオススメします。金券ショップで買えば3〜4.5% くらい割引になりますし、カードの方がその日の懐具合に左右されずに本を買い漁れます。
 なるべく大きい金額の図書カードをオススメします。

【積ん読で当たり前、という意識を持つ】
 むしろ積ん読の在庫が減ってくると不安感が増す自分はダメかも知れない。
 何はともあれ、読書量を増やしたいなら、自宅での本の品切れは厳に戒めるべき。1日1冊を目標に読書される方ならば、 常に積ん読10〜20冊くらい維持できると、1週間買い出しに行かなくて済むので楽ですネ。

積ん読書籍醸造用 - アマゾン和書ランキング>>
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/


【アマゾンプライムを利用する】
 特にお急ぎ便で当日配送に該当する地域にお住まいの方は必須。年間3900円を高いと感じたことはほとんどありません。

 ○朝8時半までに注文すれば当日の夜届く
 ○合計金額1500円以下の商品でも配送料がかからない

 使い始めると、本好きには本当に身にしみるありがたさです。

お急ぎ便対応地域についてはこちら>>
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200143820
アマゾンプライム>>
http://www.amazon.co.jp/gp/subs/primeclub/signup/main.html


【時々は本屋に足を運ぶ】
 アマゾンなどのネットの本屋で本を選んでいると、中々隠れた名作に巡り会いにくいものです。 (隠れた名作=良いことが書いてあるのにタイトルや表紙の地味さで損をしているもの)
 出来れば週一回、忙しくしている人は月に一回でも 実際に書店に足を伸ばして、本に触れることをオススメします。
 その際、出来ることなら大型書店に行くのがオススメ。理由は、単純に書籍の数が多く、複数の書籍に効率的に当たることが出来るからです。


【鞄に常に本を補充する】
 鞄が軽くなると不安になってきたら、良い感じに読書中毒者です。
 常に2〜3冊は入れておきましょう。単行本ばかり3冊だと結構重いので、文庫本や新書サイズもとり混ぜておくと良い感じです。


【会社からなるべく遠い駅の徒歩5分圏内に住む】
 ベストな条件は、
 『会社まで乗り継ぎナシ』『始発がある』ということ。
 朝から席に座ってじっくり本を読みながら出社出来ます。

 しかも、活気のある町から少し外れると家賃相場も下がるため、駅の近くに住んでも負担が少なく、移動時間の節約につながります。

 

posted by NASUKON at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

これは素直に応援したい - 気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらず

気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらずhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080705-OYT1T00454.htm

 気象庁が6〜8年後に打ち上げを予定している気象衛星「ひまわり」後継機2基の調達の見通しが立たず、 30年以上も日本の空を宇宙から見守ってきた気象衛星が消えてしまうかもしれない事態に直面している。

 現行2基の予算の7割を分担した国土交通省航空局が計画から外れることになったため、 管理運用を含め1基400億円とされる予算の確保が気象庁だけでは難しいためだ。

 ひまわりを失えば、国内の天気予報の精度が落ちるだけでなく、観測網に空白が生じ、アジア・ 太平洋地域の台風や豪雨の監視に支障を来す恐れがある。

 お天気予報でおなじみの気象衛星「ひまわり」が存亡の危機に瀕しているとのニュースです。

 なんてこったい、日本国内だけじゃなく、他の国にもご迷惑がかかってしまうのか。
 『気象衛星「ひまわり」建設のための募金』とか設立されたら、これは確実に応援させて頂きたい。

posted by NASUKON at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

外苑前3番出口を出たら、そこはポイコカフェでした。

"ポイコカフェ"でググると1件もヒットしない不思議。なんでだ。

まあそれは置いておいて、今日ちょっと用事で外苑前に行ったら、凄くポイコポイコしいカフェが出来ていました。   1 07050011

ひさしの屋根にもポイコポイコ。
ガラスにもポイコポイコポイコ。

 

 

 

自分はちょっと時間が無くて中には入れなかったのだけれど、今ポイコカフェに行くと以下のような良いことがある模様。

【内容】
 期間中は外観をはじめ、テーブル・コースターなどインテリアもポイコデザインに。
ポイコカードも入手できます。
 また、タイアップ第一弾では、ポイコオリジナルのドリンク「ベリーとピーチで、ラムネっポイコ」を販売。 ポイコオリジナルのガムを来店者にもれなくプレゼントします。タイアップ第二弾では、ポイコオリジナルのケーキが登場。
「ポイコ」ポイントとの交換も可能です。

http://www.news2u.net/NRR200833230.html

ポイコの詳細は、ポイコの公式ページからドゾー。

 

posted by NASUKON at 00:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レバレッジ人脈術 読了 ★5

【ためになったこと】
・人脈をつくるためには、とにかく相手への貢献、貢献、貢献!!!
・相手から「会いたい」と思われるような人になる
・人脈は長期的な視点で作るもの
・本を出すと、多くの人に向けて一気に貢献出来る
・勉強会を主催してみよう

 読みやすく、実践できる内容も多分に含まれていて、レバレッジシンキングよりずっと良い内容が書かれていると思います。
 ただ、「今すぐ」できる施策としては多少限られるので、そこはこの本の中で述べられているように、長期的な視点が必要。
 久々に良いレバレッジシリーズでした。

レバレッジ人脈術
レバレッジ人脈術本田 直之

おすすめ平均
stars人脈とは何か?
starsう〜ん、遠大な計画すぎて、私にはちょっと・・・
starsビジネスマンならずともすべての成功を求める方々のバイブル書
starsなるほどというネタが入っている
stars人脈とは自分の大きな目標に沿ってゆっくりと作られていくもの

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

タグ: 人脈 書評
posted by NASUKON at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一言書評・レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

守破離(シュハリ)の守の部分がなおざりになっているのかな。

そもそも君らに個性などない - 地下生活者の手遊び
http://d.hatena.ne.jp/tikani_nemuru_M/20080702/1214984474

 世の中に存在するすべての”個性”の意味するところを、ある一点の対象についてことごとく”ない”言い切るためには、「そもそも個性って何さ」の定義部分から、更にその定義が世間から(世間って言葉も乱暴だナァ)見てどの程度の承認を得ているかとか、 色々見て、さらに正確を期すならばデータの調査元とか出典も出していかないとなので

 「そもそも君らに個性などない」

 と言い切るにはちょっと抵抗を感じてしまう今日この頃。(何かを完璧に否定するって凄く労力が要ることなんだとつくづく思う。)

 しかしながら、内容的にはとても感じるところがあったので、久々に他の方のご意見を参考にしたエントリなど書いてみます。

 

 最近のビジネス書なんかでも結構書かれることが多い(具体的な出典出せなくて失礼)守破離(シュハリ)って言葉があります。 元々は能に関連する言葉だったようで。


【ビジネス視点の守破離(シュハリ)なすこんver.】

 最初の段階の「守」では、先達のまねっこをして学びます。ビジネスで言えば、 本を読んだり、先輩に習ったりしたことをそのままやってみて、その方法論を盗み身につける段階。

 次の「破」では、今までは全くのまねっこだった技術に、自分でちょっと工夫を加えて、 より効率的だったり、生産性の高い方法へと変化させていきます。

 最後の「離」は、今まで培ってきたノウハウを生かして、 新しい技術などを生み出す段階です。


 ・・・ごめん、嘘。
 きっと、これとほとんど同じ内容がどこかの本に書いてあるはず。とっさに出典が出せないのって苦しいなあ (出典分かる人教えて頂けるとありがたいです)


 まあ、何はともあれ、ビジネスやら能やら武道やらに限らず、

 「何事も最初は、先達のマネするところから入ると良いよ! そっちの方が楽だし成長も早いし」

 っていう、昔の人からのステキなアドバイスだと思うのですが、先に参考にさせて頂いたエントリによると、最近の人 (この場合は美術学生さん?)は、これをなおざりにして、いきなり「破」とか「離」 とかから入っているみたい。そりゃあ失敗するよね、基礎がなってないんだもの。

 とはいえ、創意工夫の心がけまで否定するっていうのは、ちょっと私にはない発想です。
 先のエントリの中に、トマトを逆さまにして絵を描いた、という例が出てきたのだけれど、おそらくそのバックには、その生徒さんが 「トマトを逆さまにしたらいい絵が描けるかも」という思いがあったはず。

 自分だったら、まず
 「どうしてその発想(トマトを逆さまにして描こう)に至ったのか?」って聞きます。
 てかメッチャ気になる、その発想。なんでトマト逆さまに描こうと思ったんだろ。意外にその人天才かもしれん。

 んで、トマトを逆さまにしたのに大した理由があってもなくても、きちんと説教タイム。

 「創意工夫の心構えが良かったね。自由な発想は良いことだよ。ただ、 今回上手く描けなかったということは、あなたにはまだ基礎能力が足りないのだと思う。基礎能力がないと、 あなたがどんな素晴らしい発想を持っていても、良い作品は仕上がらないのだから、まずはきちんと基礎を勉強しないとね。」

 これで一件落着だと思うんだけど、どうかなあ。ダメかなあ。美術屋さんには美術屋さんのお悩みがきっとあるんだろうしなあ・・・。

 何はともあれ、「基本を守っていない」ということと、「最近の若いもんは・・・」論を一緒くたにされると、正直ちょっと悲しい。 (自分、若いもんだけど守も大事にしてるよ!僕のことも見てよ!と思ってしまう)
 でも、ある側面で、「守」を守らない人たちが増えている、というのは正しいのかもしれませんね。 学校の先生が現場でそう感じていらっしゃるのならば。

 結論。
 何をするにも基礎は大事ですね。

 

 

※あ、あと、”個性”って言葉についてですが、確か”固有の能力” みたいな意味があったはずなので、目標とはちょっと違うと思うな−。でも出典ないから書き逃げ−。

 

※やっぱり書き逃げするとダメな気がしたので復帰。

個性こせい)とは、 個人を個人たらしめる特徴である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%80%8B%E6%80%A7

こ‐せい【個性】

個人または個体・個物に備わった、そのもの特有の性質。個人性。 パーソナリティー。「―の尊重」「仕事に―を生かす」「―が強い打撃フォーム」
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=%E5%80%8B%E6%80%A7&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=07393006584900

 こせい 1 【個性】
個人・個物を他の人・物から区別しうるような、固有の特性。パーソナリティー
「強烈な―をもった作品」「―を発揮する」
http://dictionary.goo.ne.jp/search.php?MT=%B8%C4%C0%AD&kind=jn&mode=1&kwassist=0
タグ:発想 先輩
posted by NASUKON at 17:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

人間と同じように考えられる万能ロボットを作るのはとっても難しいという話。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%A0%E5%95%8F%E9%A1%8C
フレーム問題。


 ひとつのことを判断しようと考え始めると、その他の様々なことが不安になりだして、

 「これはやってもいいのかな、ダメかな、適切なのかな、そうじゃないのかな、もっと良いやり方があるんじゃないのかな・・・」
 と、悶々とすることって自分も結構覚えがあるのですが

 今の人工知能は、永遠に悶々としてしまうらしいです。律儀な子たちだなあ。

posted by NASUKON at 13:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。