2008年07月06日

これは素直に応援したい - 気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらず

気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらずhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080705-OYT1T00454.htm

 気象庁が6〜8年後に打ち上げを予定している気象衛星「ひまわり」後継機2基の調達の見通しが立たず、 30年以上も日本の空を宇宙から見守ってきた気象衛星が消えてしまうかもしれない事態に直面している。

 現行2基の予算の7割を分担した国土交通省航空局が計画から外れることになったため、 管理運用を含め1基400億円とされる予算の確保が気象庁だけでは難しいためだ。

 ひまわりを失えば、国内の天気予報の精度が落ちるだけでなく、観測網に空白が生じ、アジア・ 太平洋地域の台風や豪雨の監視に支障を来す恐れがある。

 お天気予報でおなじみの気象衛星「ひまわり」が存亡の危機に瀕しているとのニュースです。

 なんてこったい、日本国内だけじゃなく、他の国にもご迷惑がかかってしまうのか。
 『気象衛星「ひまわり」建設のための募金』とか設立されたら、これは確実に応援させて頂きたい。

posted by NASUKON at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。