2008年07月10日

今よりもっと本を好きになるための7つの方法

 昔は、あくまで趣味の範疇で小説などをのんびりまったり読んでいたのですが、大学生時代に大量読書を強いられたり、 社会人になってから、経験のなさを読書で補えないかとあわあわしているうちに、本の大量消費グセが着いてしまいました。
 なので、この性質の形成過程を良い感じに他の方にもお裾分け出来ないかなと思い、このエントリを書いた次第です。

 「本を読むのは好きだけど、意図的にもっと読書量を増やしたい」と思う方に役立つと思う点をいくつか挙げてみました。
 毎日を忙しく過ごしているビジネスマンの方などに需要があるかなー。
 どなたかの参考になれば。


【本は常にその場で衝動買いする】
 表紙を見て、目次を見て、かすかでもどこかに感じる点があれば、迷わず買い。
本を沢山読みたいなら、タイトル買い、目次買い、衝動買いはどんどんすべきです。

【1万円の図書カードを持つ】
 実店舗の書店で買い物をする場合、事前に図書カードを準備しておくことをオススメします。金券ショップで買えば3〜4.5% くらい割引になりますし、カードの方がその日の懐具合に左右されずに本を買い漁れます。
 なるべく大きい金額の図書カードをオススメします。

【積ん読で当たり前、という意識を持つ】
 むしろ積ん読の在庫が減ってくると不安感が増す自分はダメかも知れない。
 何はともあれ、読書量を増やしたいなら、自宅での本の品切れは厳に戒めるべき。1日1冊を目標に読書される方ならば、 常に積ん読10〜20冊くらい維持できると、1週間買い出しに行かなくて済むので楽ですネ。

積ん読書籍醸造用 - アマゾン和書ランキング>>
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/


【アマゾンプライムを利用する】
 特にお急ぎ便で当日配送に該当する地域にお住まいの方は必須。年間3900円を高いと感じたことはほとんどありません。

 ○朝8時半までに注文すれば当日の夜届く
 ○合計金額1500円以下の商品でも配送料がかからない

 使い始めると、本好きには本当に身にしみるありがたさです。

お急ぎ便対応地域についてはこちら>>
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200143820
アマゾンプライム>>
http://www.amazon.co.jp/gp/subs/primeclub/signup/main.html


【時々は本屋に足を運ぶ】
 アマゾンなどのネットの本屋で本を選んでいると、中々隠れた名作に巡り会いにくいものです。 (隠れた名作=良いことが書いてあるのにタイトルや表紙の地味さで損をしているもの)
 出来れば週一回、忙しくしている人は月に一回でも 実際に書店に足を伸ばして、本に触れることをオススメします。
 その際、出来ることなら大型書店に行くのがオススメ。理由は、単純に書籍の数が多く、複数の書籍に効率的に当たることが出来るからです。


【鞄に常に本を補充する】
 鞄が軽くなると不安になってきたら、良い感じに読書中毒者です。
 常に2〜3冊は入れておきましょう。単行本ばかり3冊だと結構重いので、文庫本や新書サイズもとり混ぜておくと良い感じです。


【会社からなるべく遠い駅の徒歩5分圏内に住む】
 ベストな条件は、
 『会社まで乗り継ぎナシ』『始発がある』ということ。
 朝から席に座ってじっくり本を読みながら出社出来ます。

 しかも、活気のある町から少し外れると家賃相場も下がるため、駅の近くに住んでも負担が少なく、移動時間の節約につながります。

 

posted by NASUKON at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102593329

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。