2008年08月29日

アクセスしたURLなどの情報をマイクロソフトに送信 - マイクロソフトはIE 8で地雷を踏んだ?

マイクロソフトはIE 8で地雷を踏んだ? - builder by ZDNet Japan
Internet Explorer 8のパブリックベータ版で提供される機能に、閲覧履歴からユーザーが関心を示すと思われる他のウェブサイトの候補を表示するオンライン機能「サイト候補」がある。しかしこの機能、アクセスしたURLなどの情報をマイクロソフトに送信してしまうのだ。


元々Firefoxユーザーですが、さらにIE使う気失せました。
絶対にサイト候補機能ONになんかしないわー!

ああ、でも今後IE8が主流になることがあれば、SEOみたく、「サイト候補機能最適化」技術も必要になってくるのかな・・・。

正直めんどくs(ry
posted by NASUKON at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105669373

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。