2008年08月29日

国内の格差に応じて変化する平均寿命 - 格差と健康

壊れる前に…: 格差と健康

私たちは、例えば日本で生まれた子どもに比べて、アフリカのいくつかの国で生まれた子どもは半分の時間しか生きられないことを知っている。しかし、国の間の格差だけでなく、富んでいる国も貧しい国も、その中に存在する格差に応じて平均寿命が異なる。報告書を紹介する28日づけの BBC の記事 "Social factors key to ill health" は、イギリスのグラスゴー近隣のわりと裕福な人々が住む町と失業率の高い労働者階級の町の平均寿命がそれぞれ82歳と54歳であることを報じている。教育、住環境、健康的な食べ物が入手可能かどうか、社会保障などにその差の原因は求められている。


同じ国内でも約28歳も違う平均寿命・・・。
私たちが思う以上に、国内の格差が生命に与える影響は大きいようです。

今後、日本の格差がさらに拡大していけば、もはや他国の問題ではなくなっていきそう。

現時点でも、日本で餓死する人いっぱいいるしね・・・。

(新版)温情判決≪介護のはなし≫(認知症の母親殺害事件)


posted by NASUKON at 13:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/105676883

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。