2007年09月28日

地域に本を - 将来の夢について

 近所に本屋がない。

 私の家は住宅街とマンションが密集した、いわゆるベッドタウンにある。
 そのくせ、本屋へは、最短でも自転車で15分も離れたショッピングセンターにまで足を伸ばさなくちゃいけないのだ。

 普通の人なら面倒なだけだが、小さな子供やお年よりは、それだけ本から離れていることになる。図書館も少ないうえ、辺鄙な場所にある。
 流石ダサイタマ!

 だから、将来この近くに本屋がほしい。出来れば、徒歩10分圏内くらいに。

 誰も作らないなら、私がやりたい。一人二人で管理できるくらいの小さな店でいい。
 ターゲットはお年寄りと子供で、マンガと新刊図書だけしか置かない。あとは取り寄せで対応する。

 私が店番をするかもしれないし、店員さんを雇ってお願いするかもしれない。

 もし、18年後(40歳になった時)にも、私の近所に本屋がなければ、是非この夢を叶えたいと思う。
posted by NASUKON at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。