2007年09月29日

らき☆すたのつかさは吟遊詩人だったらしい。 - 言葉について

 中世で吟遊詩人が尊敬される立派な職業だったのは、言葉に出来ない心情を言語化して民衆のハートをがっちりゲットしたたかららしいわけですが、
 不貞寝に似たあの行為を「寝逃げ」と名付けて歌まで歌っちゃった彼女は流石バルサミコ酢です。(褒め言葉)

 いや、正確には作詞した人が的確すぎるんだけどね。

 


 ・・・って、今試しに『寝逃げ』ってググって見たら38,900件もありました。結構メジャーな言葉なんだね。寝逃げって
posted by NASUKON at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。