2007年10月31日

合唱曲 福永武彦「風のまち」

 見つけた;;

 合唱曲の中で1.2を争うくらい好きで、まだ一度も合唱できたことがないという幻の一曲。

 うろ覚えでも引っかかってくれるものですね。ググール先生万歳。

福永武彦
「風のまち」

   そして今日も
   時をへた通りのひだを吹きぬけて
   風はいそがしい輪廻の旅を続けてゐた
   たそがれの冬の光は
   氷雨によやうにこぼれ落ち
   北の空 南の空
   遠い山なみに雪があった

   旅びとはひたすらに町を歩きながら
   ひびきあふ心の風にも吹かれてゐた
   いつまでも夜の小枝を吹いて行く木枯に
   いくとせの記憶を呼びさますさびしい悔は残ってゐた

   町はやがてつき
   遠く燃えそめた旗のやうに
   雲は地平にちぎれてゐた
   いつの日にかまたこの町に來るだらうと
   ふりかへる心はかへらないひとへの想ひにも
   また似てゐた
タグ:音楽 合唱
posted by NASUKON at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。