2007年11月09日

食べられる食料の1/3が捨てられている - もったいないことについて

 http://www.secondharvestjapan.org/index.php/jpn_home
 日本初のフードバンクNPO

 食品メーカーなどから、梱包の不備や破損などで出荷できなくなった(中身には問題ない)食品を集めて、養護施設などに配布する活動を行っているそうです。
 アメリカでは、フードバンクに提供する食料の量に応じて、税金が軽減されるらしい。素敵な仕組みだー。日本でもやってみたらいいのに。

 ちなみに、現在の大手提供メーカーはほとんど外資系。
 日本メーカーがんばれ。もっとがんばれ。

主な食糧提供企業
* コストコ ホールセール
* ニチレイ
* CP
* ハインツ日本
* マスターフーズ
* Eco Business
* ひかり味噌
* テング ナチュラル フーズ
* Fujimamas
* ネスレ ジャパン
* Foreign Buyers Club
* メリルリンチ日本証券株式会社
posted by NASUKON at 02:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。