2007年10月31日

合唱曲 福永武彦「風のまち」

 見つけた;;

 合唱曲の中で1.2を争うくらい好きで、まだ一度も合唱できたことがないという幻の一曲。

 うろ覚えでも引っかかってくれるものですね。ググール先生万歳。

福永武彦
「風のまち」

   そして今日も
   時をへた通りのひだを吹きぬけて
   風はいそがしい輪廻の旅を続けてゐた
   たそがれの冬の光は
   氷雨によやうにこぼれ落ち
   北の空 南の空
   遠い山なみに雪があった

   旅びとはひたすらに町を歩きながら
   ひびきあふ心の風にも吹かれてゐた
   いつまでも夜の小枝を吹いて行く木枯に
   いくとせの記憶を呼びさますさびしい悔は残ってゐた

   町はやがてつき
   遠く燃えそめた旗のやうに
   雲は地平にちぎれてゐた
   いつの日にかまたこの町に來るだらうと
   ふりかへる心はかへらないひとへの想ひにも
   また似てゐた
タグ:音楽 合唱
posted by NASUKON at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月22日

売れない新人声優の生活 - 心の持ち様について

凡人だからこそ出来るって言うのもあると思うんだよね
天才って言われたからこそ消えるのもあると思う
もちろん思い切り輝いてから消えると思うけどさ
今思えば自分に才能なんて無くてラッキーだった


http://www.kajisoku.com/archives/eid1799.html
この人は絶対成功する。
posted by NASUKON at 01:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

マグマ大使ではありませんか? - yahoo!の罠について

これはひどいw
magma.png
posted by NASUKON at 06:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月15日

次の瞬間、忘れてる。 - 忘却することについて

 どうしよう。今更記憶喪失の薄幸少女なんて、小説やら映画やらで溢れすぎててハナにもかけてもらえないよ。

 でも最近、物事を1ステップ進めるだけで
 『あれ、なにやろうとしてたんだっけ?』ってなっちゃう。

 一応これでもまだ学生だって言うのに、参りますわー。
タグ:忘れる ボケ
posted by NASUKON at 03:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

身近な人こそ尊敬したい - 尊敬することについて

 私の隣には、凄い人ばかりがいる。
 以前、私が誰よりも優れていないと書いたけど、それとはまた別の意味で、私の周りは凄い人ばかりだ。

 凄い人を尊敬したい。でも、何故か身近な人って有難みが沸きにくい。
 本とか書いてて、中身がちょっと凄いと、それだけでその著者の人は神様みたいに(凄い人のように)見えるんだけれど、何故か身近に居るとんでもない人達は それが当たり前のように見えてしまうんだ。

 そんなわけない。むしろ、身近な人たちこそ尊敬のまなざしで見つめるべきなのに、人を見る目って、自分でさえも難しいです。
タグ:感謝 尊敬
posted by NASUKON at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

悪口の境界線 - 人付き合いついて

 悪口なんて言わないに越したことはないけれど、どんな人も嫌いにならないほど達観は出来ないし、胸に溜めておいて心を病むなんてのも御免蒙りたい。

 だから、たいてい悪口は、全く関係のない人に愚痴っている。
 仕事の話だったら、友達に。
 友達のことだったら、家族に。

 悪口の対象になっている本人に伝わってしまいそうな身近な人には、基本的に悪口は言わない。
 よほどのことなら、本人に直接言わなくちゃならないだろうしね。

 そんな些細なミスで、たとえ嫌いな人とはいえ 今以上に心証を悪くするなんて 損以外のなにものでもない。
posted by NASUKON at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月02日

『自己啓発』 - 語感について

 ちょっと昔の頃は、『自己啓発』と言う言葉を、すごく胡散臭く感じていた。
 今もあまり好きじゃない。
 でも、他にぴったりくる言葉が見つからないので、使い続けてる。(お陰で、ウチのタグクラウドの中で一番大きく育ってしまった。)

 アイデンティティも一緒。
 訳わからないものをわからないままに使い続けて(自己同一性とか訳されても・・・。)
 でもそれ以外に言い表しようがないから使い続けてる。
posted by NASUKON at 02:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

”ありがとう”の言い損は、滅多にない - 感謝することについて

 少なくとも、自分はその場面が思い出せないな。
 メリットがあんまりにも多すぎて、想像も出来ないよ。

 子供の頃は誰だって『ありがとう』と言えるのに、
 大人になると『すみません』と言う。

 人に感謝するときは、やっぱり「ありがとうございます」って言うといい。
 嬉しいと思ったら、謝るより、嬉しい気持ちを ちゃんと伝えたい。

 それに、自分だったら「すみません」よりも そう言ってほしいから。

 でも、
 もし人に有難がられて不機嫌になるような人間が居たら、どうしたらいい?
 そんな人間とは最初から付き合うべきじゃないさ。
posted by NASUKON at 02:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰もが自分よりすごい - 人を尊敬することについて

 誰が言ったんだっけ?松下幸之助?
 海外の誰かも言っていた気がするけれど、思い出せない。

 赤ちゃんは、私より愛されるのが上手で
 小学生は、私より素直で
 中学生は私より感受性が豊かで色々考える
 大方の高校生は、私よりずっと活力に満ちてる
 大学生の下の子達は、私より一生懸命好きなことに打ち込んでる

 働いている人達は、私よりずっと生きるのが上手だろう。
 私より年上の人達は、私より長く生きて、経験値を積んでる。

 誰と比べたって、私はその人より優れていない。

 だから、誰に対しても尊敬の気持ちを忘れるべきじゃない。
posted by NASUKON at 02:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月30日

恐怖のマニュアル - カスタマーサポートについて

今日、先輩にCSの対応マニュアルを見せてもらった。

想定問答集に、「死ね」などの口汚ない言葉が並んでいた。

練習用の問答集がこれじゃ、本当のサポートはどんなに大変なものなのだろう。
CSさんは会社の宝だ。
posted by NASUKON at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月29日

らき☆すたのつかさは吟遊詩人だったらしい。 - 言葉について

 中世で吟遊詩人が尊敬される立派な職業だったのは、言葉に出来ない心情を言語化して民衆のハートをがっちりゲットしたたかららしいわけですが、
 不貞寝に似たあの行為を「寝逃げ」と名付けて歌まで歌っちゃった彼女は流石バルサミコ酢です。(褒め言葉)

 いや、正確には作詞した人が的確すぎるんだけどね。

 


 ・・・って、今試しに『寝逃げ』ってググって見たら38,900件もありました。結構メジャーな言葉なんだね。寝逃げって
posted by NASUKON at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

隠れたお宝『勘違い』 - キーワードについて

おいしい『間違いキーワード』
http://wada.cocolog-nifty.com/blog/2004/05/post_7.html

あるある〜。
自分も以前、『ホーリーソール』でうまーな思いをしました。
posted by NASUKON at 17:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月28日

パっと見、分からない - キャッチコピーについて

TS390019.JPG確か、メイベリンの広告。(新宿駅)
午後6時 よりも 18時のほうがパッと見分かりやすくてインパクトがあると思うんだがどうか。
posted by NASUKON at 17:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地域に本を - 将来の夢について

 近所に本屋がない。

 私の家は住宅街とマンションが密集した、いわゆるベッドタウンにある。
 そのくせ、本屋へは、最短でも自転車で15分も離れたショッピングセンターにまで足を伸ばさなくちゃいけないのだ。

 普通の人なら面倒なだけだが、小さな子供やお年よりは、それだけ本から離れていることになる。図書館も少ないうえ、辺鄙な場所にある。
 流石ダサイタマ!

 だから、将来この近くに本屋がほしい。出来れば、徒歩10分圏内くらいに。

 誰も作らないなら、私がやりたい。一人二人で管理できるくらいの小さな店でいい。
 ターゲットはお年寄りと子供で、マンガと新刊図書だけしか置かない。あとは取り寄せで対応する。

 私が店番をするかもしれないし、店員さんを雇ってお願いするかもしれない。

 もし、18年後(40歳になった時)にも、私の近所に本屋がなければ、是非この夢を叶えたいと思う。
posted by NASUKON at 02:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月27日

レバレッジ勉強法 ペラ見してきた

現在のレバレッジ系 評価順

レバレッジ・リーディング>レバレッジ時間術>レバレッジ勉強法>レバレッジ・シンキング
posted by NASUKON at 19:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月26日

むにむに。 - 顔文字について

(ノ)・ω・(ヾ)ムニムニ

o< ・ω・ >oビローン

(((・ω・)))ポワワーン







和みすぎてやばいっ
最初に考えた人神すぎる
posted by NASUKON at 14:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

経歴よりも実績 - 商工会議所でのセミナーについて

 講演者の経歴などよりも、実績重視
 他支部の評判を気にする。
 (他支部で行ったセミナーの評判を聞きつけて、声がかかったり)
 運営実績を作っていくことが大事
posted by NASUKON at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

皿とタレで絵が書けるじゃない - 自由な発想について

CA320005001.JPG昔、友人が焼肉屋で、皿にタレで書いたもの。
絵心は諦めるとしても、こういう発想の自由さは欲しくて仕方ない
posted by NASUKON at 14:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ひとりを愛せる日本へ。 - キャッチコピーについて

TS390018.JPG車内広告。何のコピーかとおもったら、日本郵政公社
何を伝えたいのだろう・・・
posted by NASUKON at 13:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月24日

情報商材とダイエット食品 - 類似点について

 どちらも誇大広告なところがそっくり。

 にも拘らず、夢を捨てきれない人々らが下支えになって、常に一定数需要があるのもそっくり。
posted by NASUKON at 03:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。