2008年08月29日

ブルームバーグが誤ってジョブズの死亡記事を配信

ブルームバーグが誤ってジョブズの死亡記事を配信 - Engadget Japanese

朝っぱらから吹いたw
四月馬鹿でもないのにっw
ブルームバーグが27日に、間違ってアップル CEO、スティーブ・ジョブズの死亡記事の草稿を配信、後に撤回するという事件がありました。米国の様々な媒体が伝えるところによればジョブズ死亡はまったくの誤報で、御本人は生きていらっしゃるようです。

ですよねー!

新聞社などではこの種の死亡記事を準備しておくのはよくあることで、今回もそうした準備稿を誤って配信してしまったものと思われます。

へーへーへー。
posted by NASUKON at 10:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この発想はなかった・・・!浮気調査は怖いのよ@GPS

浮気調査TUEEEEE!

郵便にGPSを仕掛けました>>浮気調査であなたもプチ探偵
GPS端末を郵便に入れてポストに。

もし郵便局に郵便の転送届けを出していれば転居先がわかります。

その後は、携帯で小まめに位置検索しました。

届いたんです!!
逃げたやつの新居に。

ってか、この方法、GPS端末用意すれば、個人でも簡単に出来るんじゃ・・・。(ケータイとか、ハンディGPSとかも普通に売ってるしさ)

皆さんいろんな理由で夜逃げすると思うけれど、これで気軽に転居届も出せませんね・・・。
posted by NASUKON at 10:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

『月間100万PV超のボクちゃんが人が集まるブログの秘訣を語っちゃうよ』(2)を、普通の文章にしてみた。

 第二段も普通語化してみた。相変わらず良い記事だなー。
 ぜひ元記事にも行って読んでみてください。元記事さんの文体に拒否反応が出ないなら、確実にあっちを読んでおくべき。
 こちらは要約っぽくご利用ください。

【はてなブックマークのホットエントリ掲載はアクセスアップに繋がらない】
 「ゴリラブーツ」「TBN」「everything is gone」などのほうが人が来る。
 ニュース羅列サイト>はてなブックマーク


【悪口は諸刃の剣】
 怒りは人を集めてくるが、ブログの内容だけでなく人格批判もされるので、罵倒に耐えられる人以外は書かない方が良い。


【デザインを考慮する】
 見やすいことが最優先。職場で閲覧される状況を考える。

 背景は白、
 点滅するアイコンなど、文章を読みづらくするようなものは付けない。
 白背景のオススメ文字色は黒。ただし、#000ではなく#232323くらいが良い


【他サイトにリンクを貼る】
 ブログは人との繋がりが大切。
 ネタや参考になるサイトがあれば迷わず貼って紹介する。

 アクセス解析のリファラを見ている人からの返報性に期待する。


【アクセス数は気にしない】
 アクセス数を見ている時間があれば、それを記事を書く時間にまわすべき。
 アクセス解析を見ると、”アクセス数”として、数千数万の値に見えるが、ブログの中では、あなたと読者の一対一の関係しか成り立たない。
 だからこそその一人の読者にとって役立つ記事を書くよう奔走すべき。


【記事は読み直す】
 最低2回は読み直す。誤字脱字チェック&文章の流れをチェック。

【自分の人気記事を紹介する】
 今週のTOP10など、アクセスを集めている人気記事を紹介する。

【過去の記事にも気を配る】
 アクセスはTOPページではなく個別ページに来ている。
 過去のページにも気を配り、コンテンツ力が足りないと思ったら修正を入れるべき。

【自分のスタンスを崩さない】

 ブログでいい人になりたかったらあなたがいい人になる
 ブログで頭のいい人に見せたければ勉強をする
 ブログで面白い記事を書きたければ、実際に面白いことをして人の反応を覚える

 ブログは貴方を映す鏡。格好を繕うことは難しい。
タグ:ブログ
posted by NASUKON at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『月間100万PV超のボクちゃんが人が集まるブログの秘訣を語っちゃうよ』を、普通の文章にしてみた。

『月間100万PV超のボクちゃんが人が集まるブログの秘訣を語っちゃうよ』

 内容は本当に示唆的で役に立つのに、なんか読むとむかつく(すみません、これは私の感覚的な問題です。記事元の増田様ごめんなさい)ので、後で読み返すとき用に、メモ書きのような文体で書き起こし。

 文章も多少改変しているので、詳細なところはぜひ元記事を読みに行ってください。

元記事『月間100万PV超のボクちゃんが人が集まるブログの秘訣を語っちゃうよ』

【内容を絞る】
あれもこれも書いていませんか?

日記なら日記だけ、コピペならコピペだけ、ニュースならニュースだけ、レビューならレビューだけ。
ブログの内容は特化させること。

執筆者と複数の趣味が被る読者は滅多にいないし、自分が読みたいと思う内容以外は邪魔なので書いてはいけない。

どうしても複数書きたいときは、”プラモデルとミニ四駆” ”株と不動産” など、関連するジャンルにするべき。

【コメント欄を付ける】
人と人との交流がなければブログは盛り上がらない。
コメント欄を用意しておくことで、ブロガーと気軽に会話することが出来る。

【読者のために書く】
ブログにアクセスを集めたいなら、読者のために記事を書くべき。
ブロガーの、ブロガーによる、読者のためのブログ。
読者がどんな情報があると嬉しいか、どんなネタが欲しそうかをリサーチする。我は消すべき。

【文体は統一する】
文体を統一するべき。
一人称も固定させて変えないこと。

【ベタベタ広告を貼らない】
ブログが大きくなると「記事広告お願いします」と企業からお願いがくる。

せいぜいトップバナー(728x90)、サイドレクタングル(250x250)、記事下(250x250)程度。

ベタベタ張ってるとリンクが外に逃げていく。
人が増えればそのうち金も増えるので、ベタベタ貼るのはやめる。

【関連記事にリンクを貼る】
関連記事へのリンクを5件用意する。

【他の似たようなブログにコメントを残す】
コメントと一緒にブログへのリンクも残していく。
似たようなブログなので、読者層が被っており、そこのリンクからの集客効果が高い。
人との交流を大切に。

【他のブログは気にしない】
似た記事の評価違いや、規模の違いを気にするのをやめる。
自分のブログの記載内容が、有名ブログの記事に負けていないかチェックする。
負けていたら書き直し。


【毎日同じ時間に更新】

記事予約配信機能などを有効活用して、必ず毎日更新すること。
更新を続けていないと人が離れていく。
タグ:ブログ
posted by NASUKON at 13:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

凄い人は抑圧された場所から来る。

どうすりゃいいのさ女子たちは?

 

 女子校10年通って、本当に良かったと思う瞬間。

 共学で育った子よりは、このガラスの天井が薄いと思えること。

 そしてこれを、当事者として、あるいは当事者から少し離れた視線で見られるってこと。

 自分、女子中、高、大と、10年間女子校でした。
 ついでに、大学では男性問題(一般的には女性問題と呼ばれている)/民族問題ちょっとだけやってました。


 なでしこジャパンの活躍とともに、沢選手を誉め言葉のつもり(?)で「男」 と形容する*2人をネット上でちらほら見かけるようになりました。ということは、女がガラスの天井を突き破っても、 そのまま素直に認められはしないわけ。なぜか「男」カテゴリに入れられてしまうわけ*3。

(中略)

白人がお気に入りの非白人を「名誉白人」と認定するかのごとく、優秀な女子は「名誉男」 に認定されてしまい、結局「ガラスの天井の上にいるのが『男』、下にいるのが『女』」という図式は飽きもせず維持されつづけるわけです。 (つか、この図式をゆるがせないためにこそ『名誉男』システムが採用されてるんでしょうけど)


 先の記事で『名誉男』と表現されているのは、『モデルマイノリティ』にほぼほぼ近い感じ。

 正確に言えば、マイノリティに『モデルマイノリティ』 として不自然に祭り上げられている女性の姿が見て取れます。(実際に、沢選手が『モデルマイノリティ』 的な考え方を内面化しているかどうかは、この記事からは分からないので。)


 不自然というのは、


1.おそらく、沢選手を「男だ」と表現した人は、無邪気に褒めたつもりなんだろうということ。(そして、 この人は無意識レベルで男尊女卑思想を目一杯内面化している)

2.にもかかわらず、有無を言わさず男性カテゴリにしまい込まれることに不快感を感じて「名誉男」 と言語化し苦言を呈する女性の存在があること。


1.はもう、鳥肌が立つほどの気持ち悪さを感じてしまうわけです。肝が冷えて、鳥肌がぞわわわーってなる。言いたくないけど、 ついでに理由なんて分かってるけれど、どうしても言いたくなってしまう。「どうして『男』ってこう鈍感なんだろう!」


※こんな発言を無邪気に言い出せるのは、 ほぼほぼマジョリティorマジョリティに同一化しているマイノリティです。性別が男だろうが女だろうが、 マジョリティ的な思考を完璧に体現している人間を『男』(カッコオトコ)ってことにしときます。今回だけ。


そりゃー仕方ないさ。男はマジョリティだもの。マジョリティはマイノリティを無自覚にバカにし、踏みつぶし、 マイノリティを内戦状態にするように扇動し、なるべく長い間踏み台にしようと苦心するものさ。あくまで無自覚に。

男性がエロゲの生産を止めないのも(エロゲって女性の尊厳を踏みにじる製品だって、 分かっててやってるんだよね?男性諸兄)、女性がBLゲの消費を止めないのも(BLゲは、エロゲと同じように、 ゲイの人たちはバカにされてしかるべき、っていう認識があるから遠慮せずに楽しめるんだよね?女性諸姉。)それぞれ自分の足下に近い、 よりマイノリティな存在をバカにしているから成せるワザ。

あ、ちなみに、バカにしてる(=差別している)ほうに罪の意識とか、からっきしないよ。 だってそれが常識だから。


でもね、踏みつぶされてる方はめっちゃ痛いんだよね。特に、この記事の元ネタのみやきちさんは、 マイノリティのグループに参画している人だから、よりそのあたりの痛みを敏感に感じ取っていると思う。


だから、本来は「男だ・・・」なんて男性性の優位さに飲み込まれてしまいそうな祭り上げに対して、 その裏に隠されたマジョリティからの要請を理解して、

やりたいことのジャンルにもよるけれど、

    * やりたいことをあきらめて 「大きくなったらマネージャーになりたい」コース
    * 頑張って道を切り開いて「名誉男」認定コース

の二者択一状態というのはきっついわー。

と、苦言を呈することが出来たのだと思う。

 

みやきちさんSUGEEEEEE

posted by NASUKON at 14:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月14日

幻のお菓子、それは妖精のように儚く品薄 ー カルビーのスナック菓子『じゃがポックル』

じゃがポックル - wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%8C%E3%83%9D%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AB

北海道限定発売で、しかも北海道でも常々品薄なんですって。
そんなお菓子が世の中に、いや、カルビーに存在するなんて・・・!
今度北海道に行く機会があるので、狙ってきます。売り切れてなかったら。
posted by NASUKON at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

20-34歳が一番多い”比率”で見ているサイトが色々オワタ\(^o^)/な件

※PV数などではないのでご注意下さいませ。
このサイトを一番見ている層の”比率”を比べて、高い順に並べたものです。



『ネット視聴率白書2008→2009』 P264

・20-34歳男性の構成比指数が高いサイト上位5位
axfc.net(斧。ファイル置き場)
4gamer.net(オンラインゲーム情報サイト)
aquaplus.co.jp(ギャルゲ公式サイト)
uploda.org(ファイル置き場)
dlsite.com(ファイル置き場)


せんせー!なんか色々ダメすぎますー!




この本には加工済のデータしか掲載されていないので、信頼性のほどはよく分かりませんが、

いくらなんでも『オンラインゲームとギャルゲとファイル置き場』はないだろ・・・。
posted by NASUKON at 20:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

声優ネタ - ほぼ日の糸井さん = サツキとメイのお父さん

ほぼ日の糸井さん = サツキとメイのお父さん

まじでかー!良い声してるじゃないですか糸井さん。

キャッチコピー作ったりタレントやったり声優やったり人気サイト運営したりと、本当に多彩能力の持ち主ですねー。

posted by NASUKON at 20:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今よりもっと本を好きになるための7つの方法

 昔は、あくまで趣味の範疇で小説などをのんびりまったり読んでいたのですが、大学生時代に大量読書を強いられたり、 社会人になってから、経験のなさを読書で補えないかとあわあわしているうちに、本の大量消費グセが着いてしまいました。
 なので、この性質の形成過程を良い感じに他の方にもお裾分け出来ないかなと思い、このエントリを書いた次第です。

 「本を読むのは好きだけど、意図的にもっと読書量を増やしたい」と思う方に役立つと思う点をいくつか挙げてみました。
 毎日を忙しく過ごしているビジネスマンの方などに需要があるかなー。
 どなたかの参考になれば。


【本は常にその場で衝動買いする】
 表紙を見て、目次を見て、かすかでもどこかに感じる点があれば、迷わず買い。
本を沢山読みたいなら、タイトル買い、目次買い、衝動買いはどんどんすべきです。

【1万円の図書カードを持つ】
 実店舗の書店で買い物をする場合、事前に図書カードを準備しておくことをオススメします。金券ショップで買えば3〜4.5% くらい割引になりますし、カードの方がその日の懐具合に左右されずに本を買い漁れます。
 なるべく大きい金額の図書カードをオススメします。

【積ん読で当たり前、という意識を持つ】
 むしろ積ん読の在庫が減ってくると不安感が増す自分はダメかも知れない。
 何はともあれ、読書量を増やしたいなら、自宅での本の品切れは厳に戒めるべき。1日1冊を目標に読書される方ならば、 常に積ん読10〜20冊くらい維持できると、1週間買い出しに行かなくて済むので楽ですネ。

積ん読書籍醸造用 - アマゾン和書ランキング>>
http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/


【アマゾンプライムを利用する】
 特にお急ぎ便で当日配送に該当する地域にお住まいの方は必須。年間3900円を高いと感じたことはほとんどありません。

 ○朝8時半までに注文すれば当日の夜届く
 ○合計金額1500円以下の商品でも配送料がかからない

 使い始めると、本好きには本当に身にしみるありがたさです。

お急ぎ便対応地域についてはこちら>>
http://www.amazon.co.jp/gp/help/customer/display.html?nodeId=200143820
アマゾンプライム>>
http://www.amazon.co.jp/gp/subs/primeclub/signup/main.html


【時々は本屋に足を運ぶ】
 アマゾンなどのネットの本屋で本を選んでいると、中々隠れた名作に巡り会いにくいものです。 (隠れた名作=良いことが書いてあるのにタイトルや表紙の地味さで損をしているもの)
 出来れば週一回、忙しくしている人は月に一回でも 実際に書店に足を伸ばして、本に触れることをオススメします。
 その際、出来ることなら大型書店に行くのがオススメ。理由は、単純に書籍の数が多く、複数の書籍に効率的に当たることが出来るからです。


【鞄に常に本を補充する】
 鞄が軽くなると不安になってきたら、良い感じに読書中毒者です。
 常に2〜3冊は入れておきましょう。単行本ばかり3冊だと結構重いので、文庫本や新書サイズもとり混ぜておくと良い感じです。


【会社からなるべく遠い駅の徒歩5分圏内に住む】
 ベストな条件は、
 『会社まで乗り継ぎナシ』『始発がある』ということ。
 朝から席に座ってじっくり本を読みながら出社出来ます。

 しかも、活気のある町から少し外れると家賃相場も下がるため、駅の近くに住んでも負担が少なく、移動時間の節約につながります。

 

posted by NASUKON at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

これは素直に応援したい - 気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらず

気象衛星が消滅の危機、「ひまわり」後継機に予算集まらずhttp://www.yomiuri.co.jp/science/news/20080705-OYT1T00454.htm

 気象庁が6〜8年後に打ち上げを予定している気象衛星「ひまわり」後継機2基の調達の見通しが立たず、 30年以上も日本の空を宇宙から見守ってきた気象衛星が消えてしまうかもしれない事態に直面している。

 現行2基の予算の7割を分担した国土交通省航空局が計画から外れることになったため、 管理運用を含め1基400億円とされる予算の確保が気象庁だけでは難しいためだ。

 ひまわりを失えば、国内の天気予報の精度が落ちるだけでなく、観測網に空白が生じ、アジア・ 太平洋地域の台風や豪雨の監視に支障を来す恐れがある。

 お天気予報でおなじみの気象衛星「ひまわり」が存亡の危機に瀕しているとのニュースです。

 なんてこったい、日本国内だけじゃなく、他の国にもご迷惑がかかってしまうのか。
 『気象衛星「ひまわり」建設のための募金』とか設立されたら、これは確実に応援させて頂きたい。

posted by NASUKON at 10:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。